INFO and designの近況

2013.05.05

『藤田九衛門商店』開店

Works

「手伝ってくれたみんなが帰り、夜一人になったら俺はきっと泣いてしまうだろう」
今日の帰りがけに店主の藤田さんがほろっとこぼした言葉です。
この言葉には藤田さんが今日と今日まで積み上げてきたものが沢山たくさん詰まっていた気がしました。

2013年5月5日、端午の節句。
弊社アンドデザインもある長野県長野市の善光寺門前に一軒の和菓子店『藤田九衛門商店』が産声をあげました。
店の看板メニューは鯉を象った『垂水(たるみ) 〜鯉焼〜』。
"鯉"なので端午の節句の本日開店に至りました。

長年日本料理の世界に携わってきた店主の藤田さん。
彼の作る和菓子はこだわり抜いた県内産の小麦や花豆を材料にしています。

関西や東京、海外で活躍してきた藤田さんには当初長野にコミュニティがありませんでした。
開店までの一年で愛される和菓子店になるべく、地域住民とのコミュニケーション、和菓子作り、オリジナル栽培の県内産お抹茶作り、店のリノベーションなど大量の汗をかきながら頑張ってこられました。
アンドデザインは昨年からデザイナー・コーディネーター(伝統工芸士さんやマスメディアの方々との繋ぎ)として寄り添いながらお手伝いをさせていただきました。
そして今日の開店日はオープニングスタッフとして和服を着て店に立たせていただきました。
私もつい1年半前に開業した身なので、ここまで寄り添ってお仕事させていただいたのは初めてです。
藤田さん開店本当におめでとうございます。
これからも一緒にがんばりましょう!
〈和菓子やお茶、店内の説明は藤田九衛門商店フェイスブックページで随時発信していきます。〉

0505_fujita_MAP.jpg